強力ペグ=フレペグ

よくあるご質問

① 専用のレンチでないと挿入できませんか?

→解答:弊社販売の専用レンチではなくても、挿入は可能です。

    お持ちの六角レンチ、ハンマー、または電動工具があれば挿入可能です。

    その際、ペグ上部を直接ハンマーで叩いてしまいますと、ナット部分が破損し

    てしまう恐れがありますので、充分にご注意ください。

 

 

② 電動工具は何を使用したらいいですか?

→解答:推奨商品  マキタ HR164DZK        14.4V 16㎜   

                           マキタ TW284DZ        14.4V  255Nm           

                   マキタ HR263DRT2       18V     26mm  

                          マキタ TW1001DRTX  18V   800N

                           マキタ HR4013C コード 100V     

                           マキタ TW1001DRTX  18V  800N        

 

 【下穴ドリルの選定】

 フレペグの中心軸の径より大きい下穴を空け、深さはフレペグの全長より50mm以上深く空けてください。

 

用途―外径x長さx取付

ペグの

軸径㎜

電動ドリル径mm

(土・グラウンド

・緑地等)

アスファルト

地盤改良地等

レンチサイズ

バッテリーサイズ

T-φ19x210xH

10

12~14

13~15

17

14.4V

T-φ22x210xH

10

12~14

14~18

17

14.4V

T-φ30x250xH

10

13~18

16~20

24

14.4V

T-φ40x250xH

10

13~20

18~22

24

14.4V

D-φ40x500xR

20

20~25

24~28

24

18V

SW-φ22×210×R/H

10

13~16 

14~18 

30ザグリ

19

 

18V

SW-φ30×250×R/H

10

14~18

16~20 

30ザグリ

19

18V

KD-φ60×1000×500×R

25

3035(深500

2025(深1000

 

24

 

コード電源

100V

 

*地盤改良工事がされた地盤では上記表が適用されない場合がありますのでその折はご相談下さい。

土・グラウンド・緑地等

推奨  マキタ HR164DZK    14.4V 16㎜     マキタ TW284DZ  14.4V  255Nm 


アスファルト・地盤改良地等

推奨  マキタ HR263DRT2     18V   26mm       マキタ TW1001DRTX  18V   800N

           マキタ HR4013C コード 100V           マキタ TW1001DRTX  18V  800N


電動工具レンタル出来ます!

※建築・土木用フレペグはこちら↓

 充電式ハンマドリル

 :マキタ HR263DRT2     18V   26mm

・充電式インパクトレンチ

 :マキタ TW1001DRTX  18V  800N

・コンクリートドリル等設置に必要な工具含む

 

料金: ¥10,000 / 週 (送料別)

 

 期間: 1週間 

※延長の場合は追加料金¥10,000/週 がかかります。

 

・規約:

 ① 貸出前に物品借用書に借用期間と署名をお願い致します。

② 連絡なく、貸出期間内に返却がない場合は、延長料¥10,000/週 頂きます。

③ 借用物品は善良な管理者の注意をもって保管し、破損等した場合は損害賠償の責を負うこと

④ 紛失、盗難等により返却出来ない場合は同種・同等の物を返却すること

 

⑤ 借用物品は転貸しないこと


 

レンタルをご希望の方は、上記規約をご承諾の上、メールまたは電話、FAX

 で弊社までお問い合わせください。

物品借用書をお送り致しますので、記入後弊社まで返送願います。

 (コピーで可。原本はお持ちください。)

※物品借用書が届き次第、借用書に記載されている貸出期間に則り電動工具をお送り致

 します。

 

③ 下穴は必ず必要ですか?

  どのくらいの大きさの下穴をあけたらいいですか?

 

→解答:下穴はなくても挿入は可能ですが、予め下穴をあけておいた方がスムーズに挿

    入が可能です。

    下穴をあける場合は、ペグの長さ+50㎜以上深くあけてください。

 

   ※ アスファルトや地盤改良地に設置する場合は、必ず下穴をあけてください。

 

④ 抜けませんか?

→解答:軟弱地盤では充分な強度を発揮できません。

    (水分の多い土地、畑や花壇のような土地)

    ペグのご使用を検討されている土地が、軟弱地盤である可能性がある場合は

   ①ペグを太いものにする ②ペグを長いものにする 

   ①②にすることで、解決できる場合がございます。

挿入できない時に考えられること

地盤改良(表層改良)している土地

土とセメント等の固化剤を混ぜて地盤改良をしている土地や、土に杉、ひのき等の樹皮を混ぜ、土壌を強く転圧したような土地の場合、ペグが挿入できない場合があります。

このような土地は従来のペグ、杭等をハンマーで叩いても入りません。


解決策

電動工具であける下穴を大きくして、再度試してください。

大きな石や岩がある

 

ペグを挿入した先に大きな石や岩があり、ペグ先端が石または岩に当たってしまい挿入出来なかった可能性があります。

  

 

 


解決策

挿入する場所を変えて、再度試してください。

数十センチ離すだけでも変わります。

それでも挿入出来なかった場合は、地盤改良がされている土地の可能性があります。


❕)) 挿入に関してのご質問や、お困りなことがござい

  ましたらお気軽にご相談ください。

お問い合わせは下のフォームをご利用ください。


メモ: * は入力必須項目です

**携帯・スマートフォンのアドレスをご利用の方

 docomo、 au、 softbank など各キャリアのセキュリティ設定のため、ユーザー受信拒否と認定されているか、お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。

以下メールアドレスを受信できるように設定してください。

taietu@cello.ocn.ne.jp

電話でのお問い合わせはこちらから

 

※ TEL:  053-421-4703 FAX:  053-421-3206

   E-mail  taietu@cello.ocn.ne.jp

 

  営業時間: 8:00 ~ 18:00 (月〜金)