バランスプレート

MC1工程

S35C側を加工し、穴は平底でボーリング仕上げです。

スクロールチャックにて、3枚づつ加工し、この治具で5種類のバランスプレートに対応しています。

φ32穴明、φ19H7ボーリング

φ0.8穴明、面取り

 

MC2工程

1工程は共通の治具でしたが、2工程は各治具にて加工をします。写真は8枚同時加工治具で真鍮側を加工し、まゆ長溝とひげ溝を加工します。ひげ溝は特殊工具にて90°ピン角になるようにしていますが、先端が周速ゼロになるため工具寿命が短くなります。

φ18長穴x4、φ9長穴x2

90°ピン角 ひげ溝x2

 

バリ取り

加工でくり抜いた所のバリを取り除く。手作業のため熟練の技術が必要になります。工具はエアーリューターに超硬ロータリーバー FD-30をつけてバリ取りをします。

 

平面研磨

平面研磨1工程 真鍮側から行い、ひげ溝の寸法を基準に加工する。

平面研磨2工程:S35C側を研磨。下側が真鍮なので磁力が弱くなるのでガイドが必要になります。

 

 

お問い合わせ

TEL:  053-421-4703

FAX:  053-421-3206

 E-mail  taietu@cello.ocn.ne.jp

 

営業時間

8:00 ~ 18:00(月〜金)