フレペグ(Flepeg)の特長

開発コンセプト

 長年、サッカー少年団の活動に参加している中、「テントが飛ばされてケガをした」

「サッカーゴールが転倒してケガをした。あるいは亡くなってしまった」というニュースを時々耳にしてきました。

「なぜ、このような事故が起こるのか?」現状を観察して観ると、「テント用のペグ」は付属で付いてくる物は、細くて強度が無く、すぐに曲り簡単に抜けてしまいます。

「サッカーゴールを固定する物」は様々な物がありますが、一般的な物は径1.6cmx長さ50cm位のペグ、20Kgのウエイト、または土のうがあります。

 移動式サッカーゴールは、前面のゴールポストとクロスバーが全重量の過半を占めているため、一度バランスを崩すと思わぬ速さで前方に倒れるという不安定な構造で、転倒を防ぐには後部フレームに143.3Kg以上の重しを置くか、径1.6cmx長さ50cmのペグを3本打ち込まなくてはなりません。しかしゴールを頻繁に移動させるたびに、数多くのウエイトや砂袋を移動させたり、杭打ちを繰り返したりするのは大変な作業です。現実は、しっかりゴールを固定しなければいけないのですが、作業が大変なため御座なりになっています。

 そこで当社では「安全性が高く、設置が楽にでき、抜けにくく取り外しが簡単な

強力ペグ」開発いたしました。

従来製品よりずっと小型でありながら抜けにくさは従来品をはるかに超えます。         ぜひ一度お試しください。  特許出願中。

 

出典:「サッカーゴールの転倒事故を防ぐために」

http://www.rui-taka.co.jp/information/49/  (2014.03.03 アクセス)

 

 

フレペグ(Flepeg)の構造

フレペグは、ねじれのある軸と自由に回転するフックから出来ています。

軸を回転させながら「ねじ込んで」固定したい物を締め付けます。

外す時は、逆転させれば簡単に外せ、尚且つ従来品に比べ、5~6倍程度の力を掛けても抜けません。

フレペグは、螺旋状のネジで回しながら地中に固定するため、地層をナットの代わりに使います。したがって取り外した時に地層が損傷することが少なく、再度同じところで固定することができ、そのときはレンチだけで締め付けることができます。数回使用して地層が損傷した場合は新しい場所に固定してください。

フレペグ(Flepeg)・抜け強度試験

          試験場  浜松市立某小学校グラウンド

 

試験品

従来品 サッカーゴール用ペグ

      φ12x600   35㎏

    建築資材杭 

      φ8x300    20㎏

 

当社フレペグ

 サッカーゴール用

  φ30x250xL50xR26      280㎏

  φ40x270xL50xR42      280㎏               

 テント用

  φ19×210×L30×φ5×25 140㎏

 

従来品に比べ当社のフレペグは5~6倍程度の

抜け方向の耐荷重があります。

地層の状況によって耐荷重は変化しますので、

 ご留意し選定してください。

 

  

 

 

フレペグ 設置手順


アスファルトにも設置できます。

地盤の固いグラウンドの打ち込み対策

電動工具を使用すると、作業がたいへん楽になります。


お試しください。


利用者の声

「浜松市立WH小学校」

 運動会の時に、長い杭を抜くのが大変で腰を痛めそうになっていましたが、抜くのが簡単なので腰に負担がかからず安心して作業ができます。

 

「浜松市立T中学校」

 サッカーゴールをアルミ製に買い替え、固定器具を検討していましたが、ウエイトでは価格が高く、杭ではゴールを傷つけてしまい困っていました。作業性がよく、強度もあるので、大歓迎です。

 

「静岡県立O高校」

 サッカーゴールは土嚢を2~3個程度のせていましたが、安全面から使用したい。打ち込みは、地面が硬く少し手間をとりますが、抜く方は全く力が要らず簡単に抜けます。

 

「磐田市T幼稚園

 夏になると毎日、簡易テントをグランドに出して日よけを作り、放課後、片づけをします。テント用フレペグは簡単に止められ、強度もあり、使えると思います。

 

「浜松W JFC」

 いままで、サッカーゴールの固定は大きなハンマーで杭を打ち込んで行っていました。試合をするたびに杭を抜き、移動して打ち込む。作業が大変なので土嚢にしたり、杭を斜めに打ち込んで簡単に抜けるように細工をしました。当然、簡単に抜けるのですから強度はありません。固定している形だけです。

 しかし、「フレペグ」は、今までに、「有りそうで無かった固定具」で、取付、取り外しは簡単ですが強度がある。相反する事をうまくクリアした商品だと思います。

 

「TSイベントレンタル店」

従来のテント用杭は地面より20cmほど突き出していて、それに足を掛けてケガをした事故があり対策を検討しておりました。

そこにフレペグを紹介され、設置が楽にでき、抜けにくく取り外しも簡単にでき、地上に出る部分が少ないため、脚を掛ける事故対策に使えると考えました。

また、テントの足に平行にロープを付けることができるため、ロープに脚を掛ける心配もなく、電動工具を使用するので作業性が格段に上がりました。

下穴を空けることでアスファルトのところにも設置ができ、使用できる場所が増えました。


「N 公園緑地協会」
 フレペグ・・・とてもよかったです。下穴なしでインパクトドライバーで一発で、固定具合も強固でした。これで万が一、サッカーゴールが倒れるとかの心配がなくなりました。今後とも新商品等開発された折には、ぜひご連絡お待ちしております。


「T K商事」
 昨日早速風の強い日でしたので使用してみました。
あの風でびくともしませんでしたので、市内の小中学校を回ってみたいと思います。

非常に良い商品でしたので、需要はあるかと思います。後は管理者がどう思うかですね・・・

一応こちらでも砂浜や、雪で使用できるかも試してみます。その結果はご報告いたします。



 


弊社は Safe Kids Japan の 活動に賛同しています。

NPO法人Safe Kids Japan では

毎年 1月13日を「サッカーゴール等固定チェックの日」と定め、固定の重要性を広めて行こうと活動しています。

弊社もこの取組に賛同致しております。

詳しくは下記 URL を御覧下さい。

 

http://safekidsjapan.org/

NPO法人 Safe Kids Japan   3つの提言

1)ぶら下がらない、懸垂しない

2)杭に固定する(次善策:100Kg以上の重りで固定する)

3)安全な簡易・軽量ゴールの開発・安全基準づくり



お問い合わせは下のフォームをご利用ください。

メモ: * は入力必須項目です

**携帯・スマートフォンのアドレスをご利用の方

 docomo、 au、 softbank など各キャリアのセキュリティ設定のため、ユーザー受信拒否と認定されているか、お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。

以下メールアドレスを受信できるように設定してください。

taietu@cello.ocn.ne.jp